補聴器外来・試聴貸出し 星野耳鼻咽喉科

星野耳鼻咽喉科
WEB予約をする
予約専用電話 050-5305-5515 お問合せ 0798-35-5965
home
補聴器外来
耳鳴り外来

補聴器外来

補聴器外来

補聴器外来の流れ

最近“聴こえが悪くなった”

まずは“補聴器をして良いか“調べましょう

星野耳鼻咽喉科では補聴器の試聴貸出も行っております ご相談ください

1.耳鼻咽喉科 一般外来受診

問診と診察・聴力検査(標準及び語音)・インピーダンス オージオメトリー・耳鼻科用CT等を行います。

1.耳鼻咽喉科 一般外来受診
矢印

2.難聴の性質を詳しく調べる検査

ABR(聴性脳幹反応)DPOAE(歪成分耳音響放射):難聴の原因部位を調べる検査 ※小児のABRは実施しておりません。

2.難聴の性質を詳しく調べる検査
矢印

補聴器適応

3.補聴器を合わせるための検査

音場での閾値・語音検査・実耳測定REM

3.合いそうな補聴器を選ぶ検査
矢印

4.試聴のための補聴器の貸出

補聴器貸出の費用は無料、診察費のみのご負担です。 補聴器適合判定医により補聴器の機種選択、フィッティング(患者さん個々に合わせた調整、微調整)装用指導を行います。
1~2週間 貸出の補聴器を使用していただきます。

4.視聴のための補聴器の貸出
矢印

5.1~2週間後来院 再調整 再貸出

様々な感想を伺い、必要に応じて再調整、機種変更を行います。
補聴器適合検査を行い、補聴器装用の効果を客観的に判断し、検査結果を元にさらに機種変更

5.1~2週間後来院 再調整 再貸出
矢印

6.約3週間後 補聴器の決定

  または再貸出

効果が十分と判断されれば補聴器を決定します。耳掛け方、耳穴式補聴器などの選択もしていただきます。耳穴式の場合は後日、耳型を採取します。深い耳型採取は補聴器適合判定医が行います。
補聴器の販売は「きこえ補聴器株式会社」が致します。

6.約3週間後 補聴器の決定

※必要な検査を選びますので全てを実施する訳ではありません。

※当院で調整できる補聴器には限りがあります。

※検査は全て保険適応です。

難聴に関する主な耳の病気

・中耳炎

鼓膜の内側の「中耳」の部分に細菌やウイルスなどが感染して炎症が起きたり液体がたまる病気です。

急性中耳炎、慢性中耳炎、滲出性中耳炎、真珠腫性中耳炎などがあります。

・メニエール病

回転性(ぐるぐる回る)のめまいで有名な病気で、内耳を満たしている内リンパ液が過剰になることで起きると考えられています。ストレスがこの病気の発症に関係していると言われています。

難聴に関する主な耳の病気

・突発性難聴

ある日突然難聴が起きる病気で原因は不明です。今のところ蝸牛の血流障害やウイルス感染説が有力。

難聴が発生してから、出来るだけ早期に治療を開始することが重要。

 

・耳硬化症

耳硬化症は中耳の耳小骨のなかで最も深部にあって振動を内耳に伝えているアブミ骨が動きにくくなる病気です。手術によって高い率で聴力の改善が得られます。

 

・聴神経腫瘍

これは脳腫瘍の7-10%を占めると言われる良性腫瘍で、内耳道の前庭神経から発生します。

症状は難聴や耳鳴りが最も多く認められます。

 
pagetop
ロゴマーク   補聴器外来・耳鳴り外来
医療法人社団 星野耳鼻咽喉科 院長・医学博士 星野忠彦
〒662-0973 兵庫県西宮市田中町3-1 エイヴィスプラザ2F
アクセス  
アクセス 阪神電車 神戸線
●阪神「西宮駅」徒歩1分 南側正面
●阪神「芦屋駅」から6分 ●阪神「尼崎駅」から15分
阪神バス 阪神西宮 南ターミナル・北ターミナル
●「阪神西宮南口」バス停より 徒歩1分
●「阪神西宮」バス停より 徒歩2分
パソコンから予約する 携帯から予約する
ご予約・お問合せ tel 0798-35-5965
Copyright (C) 2015 医療法人社団 星野耳鼻咽喉科. All Rights Reserved.